上越・北陸新幹線
直行特急実現期成同盟会

信越本線(長岡~上越間)の利便性維持・向上

 北陸新幹線の長野・金沢間の開業に伴い、上越新幹線と北陸新幹線との狭間となる長岡・柏崎・上越間の鉄道利便性が低下するとの懸念がありますが、利便性が高まるようにしなければなりません。 当面の最優先課題として、信越本線(長岡・上越間)の鉄道利便性の維持・向上を図るなど、この地域の鉄道交通体系について全県的な取組を展開する必要があります。

~ 信越本線に関する調査研究 ~

いわゆる2014年問題


上越新幹線「MAXとき」

 平成27年3月14日の北陸新幹線の金沢開業により、首都圏から北陸方面への人の流れは、これまでの上越新幹線~ほくほく線経由から北陸新幹線利用に一気に変わることが予想されてきました。今後も、北陸方面への観光客などの増加による北陸新幹線の利用者数の増加が見込まれており、高崎以北の上越新幹線の利用者数の減少と運行本数の削減、枝線化が懸念されます。

 この問題は上越新幹線の沿線地域のみの問題としてではなく、広く新潟県内全域の地域経済・地域活力の低下を引き起こしかねない問題として捉えられています。

北陸新幹線の金沢開業後の信越本線(長岡~上越間)における問題


特急「しらゆき」

 北陸新幹線の金沢開業により、新潟県は上越新幹線と北陸新幹線による県土分断が懸念されています。これまで新潟から北陸方面へ向かう場合、信越本線~北陸本線経由が一般的でした。北陸新幹線金沢開業により、これまで運行されていた新潟から北陸方面へ向かう優等列車等の見直しが行われ、特急は「しらゆき」として新潟・上越妙高駅間の運行に置き換えられました。それまでは、特急「北越」と快速「くびき野」により、県都新潟市と糸魚川及び妙高市などの上越地域を複数の直通列車で結ばれていましたが、並行在来線の稼働とも合わせて、従来の利便性は低下しています。

 北陸新幹線開業による県土分断を回避し、信越本線(長岡~上越間)の沿線地域の利便性と地域活力の維持・向上を目指す上では、この区間を優等列車等で確実に結ぶと共に、将来的にはこの区間に新幹線直行特急(例えばフリーゲージトレイン)を導入することで、日本海縦貫高速鉄道体系を構築することが望まれます。

信越本線(長岡~上越間)における利用の促進

 この区間の列車本数を確保する上では、まずは鉄道利用者数を増やすことが求められます。自家用車利用から鉄道利用への転換を図るために、パークアンドライドなど鉄道利用のし易い環境をつくる、あるいは地域の魅力を高め、発信することで外部から人を呼び込むなど、様々な手段を講じることで鉄道利用を促進することが求められます。