上越・北陸新幹線
直行特急実現期成同盟会

同盟会の目的

  • 既存の優等列車の維持・継続による信越本線の利便性の維持・向上と上越・北陸新幹線間の接続性、速達性確保による県土分断の回避
  • 新幹線・在来線直通運転化の実現をもって日本海縦貫高速鉄道網の一端を担い、持続可能な鉄道ネットワークを構築するための取組の実施
  • 信越本線、北陸本線の利用者増加と沿線地域の交流人口創出に向けた地域活性化策の検討

上越・北陸新幹線直行特急とは

 上越・北陸新幹線直行特急は信越本線・北陸本線に新幹線直行特急を運行することにより、新潟県上越地域および柏崎地域と首都圏を乗換えなしで結ぶことを目的として構想されました。

 その後、北陸新幹線の金沢開業が2014年に予定され、新潟県は上越・北陸両新幹線により県土の分断が懸念されることから、将来的には両新幹線をこの区間で繋ぐことで県土分断を回避し、新幹線直行特急を導入することにより日本海縦貫高速鉄道体系を形成する構想としても考えられることとなりました。

 当初は、技術的に先行していたミニ新幹線の導入を目指しました。現在では、開発中のフリーゲージトレインの導入が、新幹線直行特急の実現に有力な手段として考えられています。

信越本線の利便性の維持・向上

 平成27年3月14日の北陸新幹線の長野・金沢間の開業に伴い、上越新幹線と北陸新幹線との狭間となる長岡・柏崎・上越間の鉄道利便性が低下するとの懸念がありました。当初に課題としていた優等列車等の確保・維持は図られたものの、今よりも利便性及び快適性が高まるようにしなければなりません。

 当面の最優先課題として、信越本線(長岡・上越間)の鉄道利便性の維持・向上を図るなど、この地域の鉄道交通体系について全県的な取組を展開する必要があります。

日本海を駆けるロマンティック車窓

 信越本線(長岡・上越間)は長岡から柏崎へは田園地帯を通り過ぎた後、山間部を縫うように走ります。雪深い地域でもあり、四季により全く違った車窓を楽しめます。柏崎から鯨波を通り過ぎると柿崎付近までは日本海沿岸を走ります。晴れた日には佐渡島を、黄昏時には日本海に沈む夕日を、晩秋から厳冬期にかけては日本海の荒波と、天候や時間帯、季節により自然が織りなす様々な景色に触れることができます。